不動産投資を考えているアナタにあった収益物件を・・・

〜物件〜収益物件買っちゃおう

収益物件の選び方

収益物件の選び方と書いているのですが、正直な話、収益物件の選び方に必ずしも正しい方法がある!と言うことはありません。正しい方法があるなら、絶対に儲けられるビジネスな筈ですからね。不動産投資、収益物件にも少なくともリスクはある、それを覚えておいて下さい。どこで探すかとなると管理人的におススメなのは広島 賃貸が豊富なアルファーランドですね。しかし、それらを軽減させる為に収益物件を選ぶ際に気にすべきポイントがいくつかあるので、このページではそれを紹介していきたいと思います。

収益物件を選ぶポイントとしては、利回り、耐久年数、構造体、立地条件、資産価値という条件を出来るだけクリアしている物件が一番理想的だとは言われていますね。

まずは利回りについてですが、利回りと言いましても、表面利回りと実質利回りという2つの利回りがあります。表面利回りというのは、家賃がどれくらいで人が入ったときに大体どれくらいの利回りがあるだろうという予想的な物ですね。で、実質利回りというのは、実際に人が入ってどれくらいの利回りが起こったのかという結果みたいな感じです(説明下手ですみませんね(笑))表面利回りがいくら良くても空き室が多いようでは、実質利回りというのは結局低くなってしまうわけで、逆に、表面利回りがあまり高くなくても、空き室があまり無いという事になると、結構リスクは軽減されたりしますね。つまり、人間の心理状況を考えてみると、質が良くてもお金がないから高いところには住めないと考える人が多いので、あまり表面利回りを高く設定しすぎても、結局はその分リスクを背負ってしまうと言うことになってしまいますので、これらをよく考えた上で利回りを設定していくことが大切なのではないでしょうか。

次に大切なポイントとしてあげられるのが、収益物件の耐久年数と構造体によります。耐久年数が長ければ長いほど利益を上げられる期間も延びます。建築方法には、RC造と木造と鉄骨造というのがあるらしいのですが、その中でも一番耐久年数が高いのがRC造と呼ばれる建築方法らしいです。基本的な耐久年数としては45〜50年だそうです。あくまでもこれは目安ですから、何らかの原因により(地震とか)崩壊してしまう恐れもありますし、もしかしたら軽く50年以上持ってしまうかも知れません。収益物件を少しでも長く良い状態を保つ為には、やっぱり少しずつ手入れをしていくと言うことが一番大切でしょうね。それと土地の地盤なども密接に関係してくるようですので、事前に確認しておくと良いでしょう。

次のポイントは立地条件ですが、人気のある場所はやはり強いですね。どのように強いかと言いますと、利回りが早いと言うことが上げられます。都市部だとか、商業地帯、専門学校や大学がある地帯など、人々の需要が高い土地にある収益物件というのは、何よりも強みとなることは間違いないでしょう。

最後のポイントは資産価値です。利回りが多いのと資産価値というのは別物として考えなければなりません。いくら利回りが良くてもその収益物件が資産としての価値が低いようなら資産価値としては全く評価できない物となってしまいます(笑)

基本的にはこれらのポイントを重視していくのですが、これらのポイントだけが全てではありませんので予めそれは覚えておいて下さいね。これらのポイントを踏まえた上で、自分でしっかりと収益物件を見て、判断していくことが一番大切だと思います。


Valuable information

結婚式場 名古屋
http://www.dubonnet.jp/
天然石ビーズ パワーストーン
http://www.purestone.jp/
ジッポー
http://www.zippo-flamingo.com/
白ロムの買取
http://goldshirorom.com/
着ぐるみ制作
http://www.marblemascot.com/

Last update:2016/6/23